スポンサーサイト

  • 2007.03.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


履歴書、職務経歴書

アピール力を磨くためにまずやるべきは、「経験の見える化」と「価値の見える化」。これまでのキャリアのなかから、きらりと光る価値を見出そう。

本当の転職成功とは自分の志向や価値観とマッチングする企業、職場に入ることだ。そのためにも、まずはこれまでの見える化プロセスで見つけ出した強みが活かせる場所はどこか、そこで求められるものは何なのかを調べ、「場の見える化」を図らなければならな女性の仕事選びのポイントで最も重要視されるのが「専門スキルを身につけられる」という点。上記ランキングは 20 〜 30 代ワーキングウーマン(回答者平均年齢 30.1 歳)に「どんな仕事をしてみたいか?」を聞いてみた結果。 1 位はずばり「専門スキルを身につけられる仕事」。そして 2 位の「一生続けられる仕事」も専門スキルを習得することが前提と推測できる。つまり、専門性という自分の武器を確立して、長くキャリアを積んでいきたいと考える女性が多いわけだが、専門性とは何も希少性のある特殊な技能に限ったものではない。どんな分野でも“その道のプロ”のレベルに達したなら、それは立派な専門性になる。転職先を選ぶ際には「業務の希少性」だけでなく「何かひとつの分野に集中して取り組める環境があるか」という視点で吟味することもまた重要だ。履歴書マックス履歴書履歴書履歴書
履歴書転職履歴書では、未経験からチャレンジする場合、今狙い目の仕事はどんなものがあるのだろうか?
いくつかピックアップしてみよう。そこに、小田さんが指摘するように実績欄もつけ加える。この欄には、「どんな貢献をしたか」という実績とともに、「その経験から何を得たか」という自分の成長記録も書き出していこう。また、実績は必ず数値化して書き込んでいく工夫も必要だ。女性の仕事選びのポイントで最も重要視されるのが「専門スキルを身につけられる」という点。上記ランキングは 20 〜 30 代ワーキングウーマン(回答者平均年齢 30.1 歳)に「どんな仕事をしてみたいか?」を聞いてみた結果。 1 位はずばり「専門スキルを身につけられる仕事」。そして 2 位の「一生続けられる仕事」も専門スキルを習得することが前提と推測できる。つまり、専門性という自分の武器を確立して、長くキャリアを積んでいきたいと考える女性が多いわけだが、専門性とは何も希少性のある特殊な技能に限ったものではない。どんな分野でも“その道のプロ”のレベルに達したなら、それは立派な専門性になる。転職先を選ぶ際には「業務の希少性」だけでなく「何かひとつの分野に集中して取り組める環境があるか」という視点で吟味することもまた重要だ。一つ目は先週のことだ。子供が受けた進学塾の入塾試験の結果がウェッブサイト上から確認できると聞いていたので、事前に知らされていた時間にアクセスしてみた。ところが、算数と国語の試験結果は確認できるものの、肝心の合否の結果がどこにも表示されていない。1時間くらいかけてサイト中を調べてみたのだが、結局わからずじまい。
履歴書
職務経歴書ダウンロード
履歴書
転職
履歴書
その夜は子供を慰めて一件落着したわけだが、子供も別に落胆したような様子は感じられなかった。ところが、次の日の午後、私の携帯に子供から電話がかかってきた。なんと、合格したというではないか。

話を聞いてみると、午前中に速達で合格を知らせる手紙が届いたということだった。帰宅してから妻に聞いた話では、子供はその合格通知を握り締めながら飛び跳ねて喜んでいたそうだ。どうやら、子供ながらに試験の結果を気にしていたらしい。子供は今でもその合格通知を大事にしている。

もう一つは、つい昨日のことだ。帰宅すると、「○○先生へのお手紙」と書かれた封筒が机の上に置いてあった。実は、子供の担任の先生が3学期から産休を取っていたのだが、無事元気な男の子が生まれたので、クラスメート全員で手紙を出そうということになったらしい。折り紙も配られていて、鶴も折って渡すとのこと。

先生への手紙は、同じクラスの生徒の母親の提案だという。本当にいいアイディアだと思うし、印刷入りの封筒を全員に配ったりと、その気配りには全く頭が下がる。手紙をもらった先生もきっと喜ぶに違いない。

インターネット社会だからこそ、心を込めることができる手紙は価値がある。メールでも嬉しいことに変わりはないのだが、手紙の方が喜びも倍増するのではないだろうか。手紙でなかったら、少なくともうちの子供は飛び跳ねて喜んだりはしなかったはずだ。手紙の価値をもう一度見直すべきなのかもしれない。

同じようなことはビジネスの世界でもいえる。最近、入社を希望する職務経歴書が添付されたメールが当たり前のように送られてくるが、これにちょっと食傷気味だ。なんか好きになれない。よほどの経験がない限り、わざわざこちらから連絡してまで会ってみたいとは思わない。

では、未経験からチャレンジする場合、今狙い目の仕事はどんなものがあるのだろうか?
いくつかピックアップしてみよう。
 
一連の作業を続けていくうちに、「昔はあれだけ時間をかけてやっていたことが、今は当たり前のようにできるようになっている」、「この機能を実現させたときは、こんなに大勢の人を巻き込んで仕事していたんだなぁ」などというような気づきが生まれるはず。この気づきこそが、転職でアピールできる強みを発見するきっかけになるのだ。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM